レンジャーズ 先発左腕ホランドとの契約破棄 デズモンドには残留要請

[ 2016年11月8日 14:50 ]

レンジャーズのイアン・デズモンド外野手 (AP)

 ダルビッシュが所属するレンジャーズは7日、デレク・ホランド投手(30)との来季契約選択権を破棄した。

 先発左腕のホランドはメジャー8年目の今季、22試合に登板して7勝9敗、防御率4・95。肩を痛めて約2か月間、戦列を離れるなど苦しいシーズンを送り、ブルージェイズとの地区シリーズでもロースターから外れていた。

 契約は2018年まで残っていたが、来季に関しては球団に選択権があり、1100万ドル(約11億5000万円)での契約か、もしくは150万ドル(約1億5600万円)でバイアウト(契約を破棄した際の補償)だった。ただ、再契約の可能性もあるとのこと。

 また、レンジャーズは同日に今オフにフリーエージェントとなるイアン・デズモンド外野手(31)に対して1年1720万ドル(約17億9000万円)のクオリファイング・オファー(残留要請)を提示した。

 デズモンドは今季がメジャー8年目。156試合に出場して打率2割8分5厘、22本塁打、86打点と活躍見せ、4年ぶり2度目のオールスター戦にも選出された。昨季まで在籍していたナショナルズでは遊撃手としてプレーしていたが、移籍1年目はシーズンを通して慣れない外野手を守った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月8日のニュース