ムネリン「俺は世界一の幸せ者」2年連続美酒 今季初先発で1安打

[ 2016年9月18日 05:30 ]

今季3Aアイオワでチームメートだった選手と地区優勝を祝うカブス・川崎(中央)

ナ・リーグ カブス5―4ブルワーズ

(9月16日 シカゴ)
 延長10回、先頭モンテロが左越え本塁打を放つと、川崎を含めカブスの全選手がベンチから飛び出した。

 前日の試合後に8年ぶりの地区優勝が決まっていたとはいえ、本拠地に集結した4万人以上のファンとともに祝杯を挙げるのにふさわしいサヨナラ勝ち。すぐにグラウンドでシャンパンファイトが始まった。今季初の先発出場で1安打を含めて3度出塁した川崎は昨季所属したブルージェイズに続く2年連続の美酒に「一つの目標に向かって皆で騒げるのは最高。こんないいことはない。俺は世界一の幸せ者」と目を赤くした。次の目標は108年ぶりのワールドシリーズ制覇だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース