創価大・正義 最速153キロ 気迫満点79球吠えた

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<共栄大・創価大>6回を3安打1失点と力投した創価大・田中

東京新大学野球 創価大4―1共栄大

(9月17日 龍ケ崎市)
 今秋ドラフト1位候補の156キロ右腕、創価大・田中が共栄大戦に先発し、6回3安打1失点でチームを勝利に導いた。

 日米7球団14人のスカウトが見守る中、初回からセットポジションで153キロを計測。今春リーグ王者を相手に珍しくマウンド上で吠える場面もあり、「相手の流れを断ち切りたかった」と気迫満点の79球を振り返った。投げ込み不足でスタミナ面に不安を残しており、疲労の色は隠せなかったが「明日も投げます」と連投に意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース