中日 2度のリプレー検証を経てマツダ2勝目

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<広・中>4回無死一塁、新井の左越え二塁打で一走・丸が本塁を突き、一度はセーフも、リプレー検証の結果アウトに。捕手・杉山

セ・リーグ 中日5―3広島

(9月17日 マツダ)
 中日が2度のリプレー検証を経ての勝利で広島戦の連敗を5でストップ。今季、マツダスタジアムでようやく2勝目を挙げた。

 2―0の4回、本塁へスライディングした丸のクロスプレーが当初の判定から覆りアウトに。一方、5―1の8回1死一塁では丸の左翼への大飛球が、観客がグラウンド内に伸ばしたグラブに捕球されたようにも見えたが、判定通り本塁打となった。森監督代行は「助かった。あれがセーフなら、大ピンチだった」と最初の検証を振り返り、本塁打については「本人(工藤)は取れたと言っていたが…」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース