日本ハム 高梨、初の2桁10勝 粘り強さ意識「増井さんを見習って」

[ 2016年9月18日 17:36 ]

<日・ロ>お立ち台で笑顔の日本ハム・高梨

パ・リーグ 日本ハム4―2ロッテ

(9月18日 札幌D)
 日本ハムのプロ3年目・高梨が6回96球を投げて3安打1失点の好投。自身初の2桁勝利となる今季10勝目を挙げた。

 前回登板となった10日の楽天戦(コボスタ宮城)は4回途中4失点で降板。「最近はチームに迷惑をかけていたので、何とか良いリズムの投球ができればと思いマウンドに上がった」と強い気持ちでこの日を迎えた。
 
 初回に1点を失ったが以降は無失点。ロッテ打線をわずか3安打に抑えた。「昨日の増井さんを見習って粘り強く投げていこうと思っていました」と、前日に7回9安打2失点と粘投した右腕の名を挙げた。

 自身初、そしてチームトップタイとなる10勝目。新人王にも射程圏内に入っているが「まずはチームの優勝だと思っている。優勝だけを見て投げていきたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース