立大 ドラフト候補コンビ継投で法大打線封じた

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<立大・法大>8回3失点と力投した立大・田村

東京六大学野球第2週第1日 立大9―3法大

(9月17日 神宮)
 立大は田村、沢田圭の今秋ドラフト候補2人の継投で法大打線を封じた。

 田村はテンポ良く打たせて取る投球で8回をわずか88球で3失点。7月の日米大学野球選手権に大学日本代表として出場し「気持ちの面で分厚くなった」と胸を張った。9回は沢田圭が先頭から11球連続で直球を投じるなど1イニングを無安打無失点。今春は明大に敗れて2位に終わったが「明治から絶対に勝ち点を取る意識でやってきた。10連勝したい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース