リオ金の土性沙羅 大ファン北條にエール始球式「一緒に東京五輪に」

[ 2016年9月18日 08:13 ]

<神・D>始球式に登場した土性沙羅

セ・リーグ 阪神3―6DeNA

(9月17日 甲子園)
 駆けつけた虎党金メダリストに、勝利を届けることはできなかった。北條は3回先頭で、相手先発・モスコーソから中前打を放つと、7回1死一塁では2番手・須田から右前打。2試合連続のマルチ安打を放ったほか、初回には四球を選んでゴメスの先制2ランを呼び込むなど存在感は示したものの、逆転負けでの“終戦”に、反省と課題が口を突いた。

 「三振もあったので。良いところもあるけど、課題もある。(Bクラス決定には)気にせずに、最後まで勝てるように頑張ります」

 この日は、リオ五輪レスリング女子フリースタイル69キロ級金メダリスト土性沙羅(21)がファーストピッチセレモニーに登場。そのままスタンドで観戦していた。かねて北條の大ファンと公言しており、試合前には「(北條とは)お会いして“おめでとうございます”と言ってもらえました。ぜひ一緒に刺激し合って、2020年の東京五輪に出られたら良いですね」とエールを送っていた。 (湯澤 涼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース