ヤク飯原 3カ月ぶり打点「全部負けるのは嫌だった」

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<巨・ヤ>スタンドに手を振る飯原

セ・リーグ ヤクルト5―2巨人

(9月17日 東京D)
 6回2死二塁で決勝の中前適時打を放ったヤクルト・飯原は「みんながつないでくれたので、何とか打てるようにと思って打席に入った」と笑みをこぼした。

 3ボールから高めの直球を振り抜き、自身3カ月ぶりの打点にガッツポーズ。敵地のヒーローインタビューでは「(東京ドームで)全部負けるのは嫌だったので、本当に勝ててよかったです」と話し、左翼席のツバメ党から拍手を浴びた。

 ▼ヤクルト・村中(今季50試合目の登板で5回の1イニングを無失点に抑えて7勝目)50試合は目標だったので、それだけ投げられたことはよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース