ハム増井 自身5連勝8勝目 投球スタイルもすっかり先発に

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<日・ロ>お立ち台で笑顔の(左から)近藤、増井、レアード

パ・リーグ 日本ハム14―6ロッテ

(9月17日 札幌D)
 日本ハム・増井が7回9安打2失点で自身5連勝となる8勝目を挙げた。

 初回に2点を失ったが、2回以降は粘りの投球を見せた。4回1死満塁では大嶺翔をフォークで三ゴロ併殺。ストッパーの時はピンチになると打者を力でねじ伏せたが、「(低めに投げれば)併殺もある。何とかゴロになってくれと思った」と投球スタイルもすっかり先発らしくなってきた。残りの登板予定は2試合。2桁10勝も見えてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース