ロッテ デスパ離脱後5戦4敗、伊東監督「コツコツ取るしかない」

[ 2016年9月18日 18:17 ]

<日・ロ>初回2死二塁、左前適時打を放ったロッテ・井上

パ・リーグ ロッテ2―4日本ハム

(9月18日 札幌D)
 ロッテは日本ハムに連敗。チームトップの24本塁打をマークしている4番・デスパイネが左手首痛で離脱してからの5試合で1勝4敗と苦しんでいる。2桁本塁打の選手がいない“大砲不在”の打線を伊東監督は「ピストル打線」と呼び「つないでつないでコツコツ取るしかない」と話した。この日も一発は出なかったが、初回に2安打で先制し、3点を追う9回にも安打でつないで1点を返す意地を見せた。

 1年目の14年以来の4番に入った「アジャ」こと井上は、初回に先制の左前適時打を放ち「長打を狙わずに走者を還したい気持ちでコンパクトにスイングしたのがいい結果につながった」と振り返った。デスパイネと入れ替えで2軍から昇格した「アジャパイネ」は、昇格してからの全3試合で安打と打点をマークし、12打数5安打3打点と気を吐いている。「甘い球をしっかりとらえるようにして、このまま1軍に残れるようにしたい」と気合十分。デスパイネが復帰してからも、CSに向けての秘密兵器になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月18日のニュース