T―岡田が先制二塁打「勢いをつけていきたい」

[ 2016年7月5日 23:07 ]

パ・リーグ オリックス3―0ソフトバンク

(7月5日 京セラ)
 オリックスのT―岡田が初回に適時二塁打で先制点を奪った。2死二塁。2ボールから内角低めの真っすぐにバットを振り抜き、右中間を破った。「1球くらい空振りしてもいいという割り切りが大事。それくらいじゃないと打てない投手」と武田を攻略した。

 3回2死一、三塁の第2打席では重圧がかかった武田の暴投で2点目が入り、6回には再び右中間二塁打を放ち、4番としての仕事を果たした。9連戦の初戦を飾り「連勝ができていなかった。勢いをつけていきたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース