広島・野村、両リーグ10勝一番乗り!球団ではマエケン以来4年ぶり

[ 2016年7月5日 20:46 ]

<中・広>力投する広島先発・野村
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島4―1中日

(7月5日 富山)
 広島の野村祐輔投手(27)が5日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた中日12回戦に先発登板。6回で87球を投げ、3安打1失点で2013年以来自身3年ぶりとなる2桁勝利をマーク。広島では12年の前田健太投手(現ドジャース)以来4年ぶりとなる両リーグ10勝一番乗りを果たした。

 2回、無死一、三塁から併殺打の間に先制を許したが、この回以外は安打を許さず、6回3安打1失点。4三振を奪い、与えた四球は1個だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース