ロッテ ナバーロが来日初のサヨナラ打「人生で一番集中した打席」

[ 2016年7月5日 22:33 ]

パ・リーグ ロッテ2―1西武

(7月5日 QVCマリン)
 ロッテのナバーロが接戦に終止符を打った。1―1の延長10回1死二塁から前打者のデスパイネが敬遠で歩いて迎えた打席。2ボールからの3球目を振り切ると浅く守る右翼手の頭を越える来日初のサヨナラ打。打つべき球を冷静に見極め「人生で一番集中した打席だったかもしれない」と振り返った。

 序盤から涌井と岸の投手戦が続いた一戦で、2番手の益田も延長10回に好投していた。殊勲のナバーロは「いい投球をしていたので助けたかった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース