大谷10日ロッテ戦は投手専念も 栗山監督「もともと期間限定」

[ 2016年7月5日 08:56 ]

7月9日の来場者全員に配布される『球界初!大谷翔平、投手の先頭打者本塁打記念書(仮)』という大谷の記念書

 日本ハムが10日のロッテ戦(札幌ドーム)で先発予定の大谷の「DH解除」を行わない可能性が浮上した。3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で投手として史上初の先頭打者弾を放ったが、栗山監督は「もともと期間限定でやっていること。少し長すぎた」と慎重な姿勢を示した。

 大谷は現在6試合連続で投打同時出場中で、指揮官は「疲れている。使い方を丁寧にしていく」と続けた。ただ、今後の「1番・投手」での起用については「可能性はある」と答えた。勝負どころでの切り札とする構えだ。

 9日のロッテ戦(札幌ドーム)では「球界初!大谷翔平、投手の先頭打者本塁打記念書」が来場者全員に配られ、同日から「記念タオル」の受注販売も開始する。大谷は22歳の誕生日を迎える5日の楽天戦(山形)で打者出場する予定。2年ぶりのバースデー弾となる自己新11号を放ち、チームを07年以来9年ぶりの11連勝に導く。(柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース