清原元選手に覚醒剤譲渡 知人の男に有罪判決 懲役3年執行猶予5年

[ 2016年7月5日 11:13 ]

 プロ野球の清原和博元選手(48)に覚醒剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた知人の小林和之被告(45)=群馬県みどり市=に、東京地裁は5日、懲役3年、執行猶予5年、追徴金12万円(求刑懲役3年、追徴金12万円)の判決を言い渡した。

 室橋雅仁裁判官は「著名な元プロ野球選手から頼まれ、断り切れなかったと言うが、断じて許されるものではない」と指摘した。

 判決によると、昨年9月1日ごろ、群馬県太田市のホテルの客室内で覚醒剤約1・2グラムを8万円で、今年1月31日ごろ、同市のコンビニ店駐車場の車内で約0・6グラムを4万円で、それぞれ清原元選手に譲り渡した。

 清原元選手は覚醒剤使用などの罪で懲役2年6月、執行猶予4年の判決が確定している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース