歴史的試合にイチ 北米プロスポーツ史上初、軍事施設内で公式戦

[ 2016年7月5日 05:30 ]

試合前、米軍兵士と話をするマーリンズのイチロー(左)。中央はMLBの競技運営最高責任者で前ヤンキース監督のトーリ氏

ナ・リーグ マーリンズ5―2ブレーブス

(7月3日 フォートブラッグ)
 大リーグは3日(日本時間4日)、米陸軍特殊部隊司令部が置かれているフォートブラッグ陸軍基地内でブレーブス―マーリンズ戦を開催した。北米プロスポーツ史上初の軍事施設内での公式戦。マ軍のイチロー外野手(42)は歴史的一戦に代打で出場し、遊ゴロに倒れた。

 イチローのメジャー41球場目は、東京ドーム約2万7600個分の敷地を持つ米国内最大級の基地の中だった。4日の独立記念日を前に、試合は大リーグ機構と選手会が軍への感謝を示すために企画。両軍選手は右肩に米国国旗、左胸に基地名が入ったユニホームを着用し、試合前にヘリコプター4機が球場上空を通過する演出もあった。

 観衆1万2582人は招待者を除けば基地内に暮らす25万人の中から抽選で選ばれた軍従事者とその家族。イチローは8回2死一塁で代打で登場し、イチロー・コールに迎えられた。歴史的一戦で立った打席は、一塁にわずかに間に合わない遊ゴロ。「(軍事施設内で初の公式戦と)聞いています。言うことは何もないです」と淡々と話し、メジャー3000安打まで残り11のまま前半戦最後の遠征地ニューヨークへと向かった。

 フォートブラッグ・フィールドは公式戦開催が決まった3月から建設を開始。112日間で完成した。観客席は仮設、照明はレンタルの移動式で、この試合が終わると解体、撤去されて多目的広場へと姿を変える。ドン・マッティングリー監督は「たった1試合のためにこれだけの球場を準備してくれた基地の方々に感謝したい」。弟が米海兵隊員で、3安打1打点と活躍した左翼手イエリチは「一生忘れられない思い出」と感慨深げだった。大リーグは来年以降も継続して基地内で公式戦を行う意向だ。

 ▽フォートブラッグ陸軍基地 11年にオバマ大統領がイラク戦争終結の演説をした。基地内に鉄道が走り、学校が8つある。人口25万人は山形市とほぼ同じ。面積1295平方キロは札幌市より広い。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月5日のニュース