筒香 執念のV打 2打席打ち損じも…ロペス離脱で責任重大

[ 2016年6月11日 05:30 ]

<オ・D>8回1死満塁、筒香が勝ち越しの2点適時打を放つ

交流戦 DeNA3―1オリックス

(6月10日 京セラD)
 頼れる主砲の一打で試合を決めた。1―1の8回1死満塁。DeNA・筒香が決勝の右前2点打を放った。

 オリックス・東明の甘く入ったフォークを捉え「つないでくれたので、何が何でも走者を還そうと思っていた」と白い歯をこぼした。

 3度も同じ失敗を繰り返すことはしない。「低めに手を出しちゃ駄目だけど、手が出てしまっていた」。1点リードの4回無死二塁ではフォークに中飛に倒れ、6回もフォークで右飛に打ち取られていた。だが「最後は何とか」と、勝負どころで決めるのがこの男だ。

 この日、ロペスが左足親指骨折で出場選手登録を抹消された。筒香に相手のマークが集中するが「言い訳にはならない」と言い切る。その言葉通りに自らのバットで連敗を3で止め、交流戦の勝率を5割に戻した。ラミレス監督が「彼一人に相手の対策が集中するが、彼を信頼しているので大丈夫」と頼りにする主将は「自分が打ったのはどうでもいい。チームが勝てたのが一番」とうなずいた。 (中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月11日のニュース