ソフトバンク 5連勝で40勝目前!4番内川2発で巨人粉砕

[ 2016年6月11日 21:23 ]

<ソ・巨>3回1死、勝ち越しの満塁本塁打を放った内川(左から3人目)を(左から)柳田、今宮、城所がヘルメットをとり最敬礼で迎える

交流戦 ソフトバンク8―3巨人

(6月11日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが4番・内川の決勝満塁弾を含む1試合2本塁打5打点の活躍で、巨人に逆転勝ちし、連勝を5に伸ばした。

 中身の濃い攻撃だった。1点を追う3回。先頭の8番・鶴岡が今村から13球粘って二ゴロ。1死となったものの、これが猛攻の合図だった。9番・牧原は詰まった一塁へのゴロも俊足を生かし内野安打に。さらに安打と四球で1死満塁から柳田が押し出し四球でまず同点とした。

 そして、4番・内川だ。初球を高々と左翼席に運ぶ10号満塁本塁打で勝ち越した。この回、3番・柳田まで打者5人で37球を投げさせ、4番が1球で仕留める隙のない攻撃。2点差に迫られた4回には柳田の2点適時打で再び巨人を突き放すと、7回にも内川のこの日2本目となる11号ソロでダメを押した。

 投げては千賀が6回途中3失点も、打線の援護に助けられ無傷の5勝目。チームは5連勝で両リーグ一番乗りとなる40勝へ王手をかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月11日のニュース