オリ金子 登録抹消 右肩痛で力が入りにくい状態

[ 2016年6月11日 05:30 ]

9日、中日戦に登板した金子

 オリックス・金子千尋投手(32)が10日、右肩痛のため出場選手登録を抹消された。

 かねてから同箇所に違和感を抱えていた。4回途中で降板した前日9日の中日戦(京セラドーム)で右腕に力が入らない症状が出たため、試合後に福良監督と話し合い、登録抹消が決定。「早くバッターに集中できるようなコンディションをつくりたい」と話していた。昨年9月には右肩の筋力低下による違和感で約1カ月間、戦線を離脱している。球団広報は「同じような症状だが、それよりは軽い」と説明。今後は状態を見極めながらリハビリ、トレーニングを進めていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月11日のニュース