中日・田島 延長12回力尽く イニングまたぎで今季初黒星

[ 2016年6月11日 05:30 ]

<西・中>12回2死一、三塁、秋山(後方右)にサヨナラ打を浴び、しゃがみ込む田島

交流戦 中日0―1西武

(6月10日 西武プリンス)
 今季10度目の延長戦で中日はサヨナラ負け。12回に2イニング目に突入した守護神・田島が打たれた。6日の前回登板で開幕から31試合連続無失点の日本記録が途切れ、2試合連続の失点となった。

 谷繁監督は「(イニングまたぎに)一番、信頼がある。田島を責めることはできない。最初から歩かせる(敬遠)という選択肢はなかったけど。中途半端になってしまったかな…」。2死一、三塁で秋山に中前サヨナラ打された。近藤投手コーチは「バッテリーを責めることはできない」とかばった。

 それ以上に打線の沈黙が痛かった。初対戦のドラフト1位多和田の前に8回まで三塁も踏めず3安打。延長11、12回と走者を得点圏へ進めたが、決めきれなかった。順位は3位のままも、借金1に逆戻りした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月11日のニュース