阪神・原口 左親指の打撲で代打出場「打てなくて残念」

[ 2016年6月11日 05:30 ]

<日・神>8回2死二塁、代打・原口は一邪飛に倒れる

交流戦 阪神4―5日本ハム

(6月10日 札幌D)
 9日のロッテ戦(QVCマリン)でファウルを左手に受けた阪神・原口は、この日に「左親指の打撲」との診断結果が発表された。

 8回2死二塁で代打で出場。指の状態には「全然大丈夫です」と話したが、一邪飛に終わり「代打なんでファーストストライクから振っていこうと思っていた。打てなくて残念です」と悔しがった。守備を含めた今後の出場は状態を見て判断していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月11日のニュース