ハムドラ1上原、熊本地震で80万円寄付「微力ながらも協力を」

[ 2016年5月2日 13:26 ]

日本ハムドラフト1位の上原健太投手

 日本ハムはドラフト1位の上原健太投手(22)が熊本地震の被災者支援のために80万円寄付したと2日、発表した。

 上原は球団を通じて「被災地域ではいまだに余震が続き、避難所での生活を余儀なくされている方々が多くいらっしゃる中、復興に向けて頑張られている姿をニュースで見るたびに、僕自身が勇気をもらっている気持ちになります。九州は母親の出身地(福岡県)でもあり、親戚も多く暮らしているので、幼いころから定期的に足を運んでいました。今回の震災が自分にとってなじみのある地域に甚大な被害をもたらしたことには本当に胸が痛みます」とゆかりのある九州への思いを述べた。

 「一日でも早い復興に微力ながらも協力させていただきたいという思いに駆られ、義援金を寄付させていただくことを決めました。被災された方々は大変な日々を過ごされていることと思いますが、穏やかな日々が戻りますよう心から願っています」と復興を願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月2日のニュース