阪神ドラ1・高山、待望のプロ1号は“プレーボール弾”

[ 2016年3月31日 18:16 ]

<ヤ・神>初回無死、高山が初球を右越えに先頭打者ホームラン

セ・リーグ ヤクルト―阪神

(3月31日 神宮)
 阪神のドラフト1位・高山俊外野手(23)が31日のヤクルト戦(神宮)でプロ1号となる先頭打者弾を放った。

 この日は「1番・左翼」でスタメン出場。ヤクルトの先発・デイビーズの初球、高めの135キロ直球を強振し、右翼スタンドに突き刺した。

 チームはこの一発で勢いづき、1死二、三塁からゴメスの遊ゴロの間に加点。幸先よく初回に2点を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月31日のニュース