PR:

ドラ1桜井で由伸G初黒星 プロ初登板1勝目前で4失点降板

<D・巨>5回1死満塁、ロマックに死球を与えた桜井(右)は降板

セ・リーグ 巨人3―6DeNA

(3月30日 横浜)
 巨人・桜井はしっかりとした口調で、冷静に自らの投球を振り返った。プロ初登板初先発は5回途中4失点。逆転負けで初黒星を喫して「ピッチャーに打たれて相手を乗せてしまった。打たれてはいけない場面。反省点だと思う」と悔やんだ。

 3―0の5回1死一塁。初勝利の権利まであと2アウトの場面。投手のモスコーソのバットを折りながら内野安打を許してしまう。続く白崎に右翼線二塁打を浴びるなど計5連打で1点差に迫られると1死満塁から「低めを意識しすぎてチェンジアップが抜けてしまった」とロマックに押し出し死球。同点とされて降板を告げられた。

 2番手の戸根が2死満塁から代打・宮崎に死球を与えるなど3点リードを守れず逆転負け。12球団で唯一負けなしだったが、連勝は4で途切れた。就任1年目の監督として球団新の開幕から5連勝がかかっていた高橋監督は「勝つことがうれしいと思う半面、負ければ悔しい」と初めての感覚を味わった。ドラフト1位ルーキーについては「悪くはなかったと思う。5回という課題が残ったかもしれないですね」と前向きだった。

 桜井は指に引っかかり気味だった直球を、わざと高めに投げることで修正するなど収穫もあった。5回は右犠飛でプロ初打点も挙げて「良かった点をどれだけ伸ばしていけるか。今後につなげたい」。スタンドで観戦した両親には、次回勝利を届ける。(神田 佑)

[ 2016年3月31日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月17日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム