DeNA荒波「必死になって」巨人ドラ1右腕にプロの洗礼2点打

[ 2016年3月31日 05:30 ]

セ・リーグ DeNA6―3巨人

(3月30日 横浜)
 DeNAの2番・荒波が桜井にプロの洗礼を浴びせた。5回1死二、三塁、初球の外角チェンジアップを右前へ2点適時打。「必死になって、(打線の)勢いを借りてやることができた」と声を弾ませた。

 これで開幕2戦目から4試合連続安打。ラミレス監督は「1日1本、打ってくれている。これからもっとホットな打者になると思う」とさらなる期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月31日のニュース