阪神ドラ1高山 連続試合安打ストップ「試合に負けたことが悔しい」

[ 2016年3月31日 08:30 ]

<ヤ・神>8回2死一塁、高山は空振り三振に倒れ、開幕からの連続安打が途絶える

セ・リーグ 阪神4―8ヤクルト

(3月30日 神宮)
 阪神のドラフト1位・高山は4打数無安打に終わり、ドラフト入団の新人では最長だった開幕戦からの連続試合安打は「4」でストップした。

 「変化球にタイミングが合わなかった。打席の中で修正できなかったことが、きょうの結果につながった」

 ヤクルト・成瀬の投球術に手を焼いた。初回はスライダーにタイミングが合わず遊ゴロ。3回はチェンジアップを打たされ、再び遊ゴロ。この日は最後までかみ合わず、8回の最終打席では、2死一塁から杉浦の直球に空振り三振に倒れた。スタンドには母・由美子さんと妹・遥香さん、明大の善波達也監督が観戦していたが、快音を届けることはできなかった。

 「(記録は)周りが言うことなので、僕が気にすることはない。それよりも試合に負けたことが悔しい」

 試合後は個人の記録より、1番打者として役割を果たせなかったことを悔いた。「こういう試合の次が大事。良い意味で切り替えて、明日も一生懸命頑張ります」。最後は前を向いて巻き返しを誓った。(久林 幸平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月31日のニュース