ヤクルト バレ、2日連続1軍練習で柵越え15本「全く問題ない」

[ 2016年3月31日 16:56 ]

 左脇腹の肉離れで離脱しているヤクルト・バレンティンが31日、2日連続で1軍練習に参加した。

 フリー打撃では圧巻の6連発を含む15本の柵越え。いよいよ4月1日イースタン・リーグ、日本ハム戦(戸田)で約3週間ぶりの実戦復帰を迎える主砲は「ワクワクしています。(脇腹の状態は)全く問題ない」と気持ちを高ぶらせた。

 状態の良さからか、口も滑らか。守備に就くかを聞かれると「天気がよければレフト。悪ければDH」と笑い飛ばすした。現在は金髪の丸刈りという超インパクトのある姿だが「中田翔スタイル。彼はマイアイドルさ」とにんまり。しかし「30打席で5本塁打打てなかったら黒に戻します」と宣言した。またこちらも金色でそろえたあごひげについては「ヒゲはファッション。気に入っているからこのままでいきます」と変えないことを明かした。

 30日の阪神戦(神宮)でようやく今季初白星を手にしたヤクルト。打線も先発野手全員の14安打8得点と復調気配だが、キングの復活でさらに強力打線に厚みが増す日が待たれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月31日のニュース