巨人、アブレイユと支配下選手契約 14年に西武で7試合出場

[ 2016年3月31日 05:30 ]

 巨人は30日、昨年11月に獲得した育成選手のアブナー・アブレイユ外野手(26)と支配下選手契約を結んだ。26歳以上の育成契約初年度の外国人選手は支配下登録期限が3月末日で、直前に昇格を決めた。

 堤辰佳GMは「パワーヒッターの長所を生かし、2軍で結果を出して東京ドームでプレーしてほしい」と期待した。年俸は据え置きの500万円(推定)で背番号は014から33に変更。14年に西武で7試合に出場しているアブレイユは「背番号に見合った活躍をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月31日のニュース