日本9人で5位タイ、最多はドミニカ 米国外出身大リーガー

[ 2015年4月7日 16:13 ]

 米大リーグ機構は6日、今季開幕メンバーに登録された868選手(故障者リスト入りなどを含む)のうち、26・5%に当たる230人が米国外の国・地域(米自治領のプエルトリコを含む)の出身だと発表した。日本はカナダ、メキシコと並ぶ9人で5位タイだった。

 日本の9選手はヤンキースの田中、レッドソックスの田沢、マリナーズの岩隈、マーリンズのイチロー、ジャイアンツの青木らで、残り4人は故障者リストに入っている。

 米国以外の17カ国・地域のうち、最多はドミニカ共和国の83人で、ベネズエラの65人、キューバの18人と続いた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月7日のニュース