立大・斎藤俊が復活登板 2回無失点、右肩回復で最速143キロ

[ 2015年4月7日 05:30 ]

東京六大学・社会人対抗最終日 立大3―6東京ガス

(4月6日 神宮)
 昨春のリーグ戦後に右肩を痛めていた立大の4年生右腕・斎藤俊が、復活登板を果たした。4回から2番手でマウンドに上がり、2イニングを無安打無失点。「ケガをする前よりも直球の威力は強くなっていると思う」と、最速143キロの直球を軸に4回は3者連続三振を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月7日のニュース