マー君 2戦目から100球めど、ジラルディ監督「何の問題もない」

[ 2015年4月7日 05:30 ]

 ヤンキース・田中が2戦目から通常モードに入る。ジョー・ジラルディ監督は、開幕投手に指名した右腕について「初戦は90球程度で、2戦目以降から100球メドで投げてもらえばいい。それで何の問題もない」と語った。昨年、右肘じん帯部分断裂で長期離脱したことに配慮し、キャンプではスロー調整を指示。オープン戦から球数を徐々に増やしてきたが、開幕戦登板後の経過に問題がなければ、球数制限を解除し、通常通り100球をメドとする考えだ。

 ブルージェイズとの開幕戦を翌日に控えたこの日、全体練習はなかったが、田中はヤンキースタジアムでキャッチボールやダッシュなどで調整した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月7日のニュース