岩隈 14年ぶりプレーオフへフル回転誓う、9日先発「凄く楽しみ」

[ 2015年4月7日 08:10 ]

本拠地のブルペンで投球練習を行うマリナーズ・岩隈

 昨季、日本人&自己最多の15勝を挙げたマリナーズの岩隈は、14年ぶりのプレーオフ進出へフル回転を誓う。この日は本拠地でのナイター練習に参加。第3戦となる8日(日本時間9日午前10時40分開始)のエンゼルス戦に先発予定の右腕は「凄く楽しみ。いよいよ始まるなと」とメジャー4年目の開幕に向け心境を語った。

 チームはア・リーグ本塁打王のクルーズを獲得し、昨季リーグ1位のチーム防御率3.17の投手陣を援護する態勢が整った。優勝候補として前評判も高く「期待していただいているのはうれしいし、それに応えるべき。勝つために、自分のやるべきことをしっかりやりたい」と力を込めた。

 昨季はキャンプ前に右手中指を痛め、戦列復帰は5月。この調整不足が響いて最後の7試合は防御率7・88と失速し、チームもあと1勝でプレーオフ進出を逃した。「(終盤は)精神的、肉体的に疲れていた。そこを課題にした」。今キャンプは順調に登板を消化。万全で臨む今季は日本投手初の20勝にも期待が懸かる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月7日のニュース