ブ軍打線 苦手の田中攻略 エンカーナシオン「昨年の方が難しかった」

[ 2015年4月7日 10:30 ]

ブルージェイズのエンカーナシオンに本塁打を浴び、厳しい表情のヤンキース・田中(AP)
Photo By スポニチ

ア・リーグ ブルージェイズ6―1ヤンキース

(4月6日 ニューヨーク)
 ブルージェイズ打線は昨年3戦3敗と苦手にした田中を攻略。カウントを整えにきた甘い球を狙った。5点を奪った三回の鍵は、いずれも2ボール1ストライクからの速球だった。先頭打者ピラーが三塁線を破り、主砲エンカーナシオンは左翼席に2ランをたたき込んだ。

 エンカーナシオンは「昨年は92~93マイル(約148~150キロ)出ていたが、今年は89~90マイル(143~145キロ)の球が多い。昨年の方が打つのは難しかった」と印象の違いを話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月7日のニュース