【なんでもランキング】現役最強満弾男は井口、通算打率では鳥谷

[ 2015年4月7日 09:00 ]

センバツの2打席連続の満塁本塁打で一気に知名度を上げた敦賀気比・松本

 先週は各地で桜とともに満塁本塁打が乱れ咲いた。センバツでは敦賀気比・松本が春夏通じて史上初の2打席連続を記録し、プロ野球でも中田(日)らが計4発を放った。満塁の場面では選手の緊張感が高まり、時に実力を超越した結果が生まれる。今回は満塁に強い打者を探すため、2つのランキングを算出した。

 満塁打率は、通常の通算打率比較の基準となる4000打数以上の現役打者29人でランク付けした。トップに立ったのは鳥谷(神)で、あとわずかで4割に届く・397。トータルの通算打率は・285だから、1割以上も上乗せしている。堅実な打者のイメージがあるが、だからこそ、ここぞの場面で力を発揮できるのだろうか。現役トップの通算打率・313を誇る内川(ソ)は、満塁で打率こそ上がるものの、相対的な順位は下がる。また、上位6位までを左打者が占めている。

 満塁本塁打の現役最多は、井口(ロ)と中村(西)が12本で分け合っている。井口は他に大リーグでも2本打っており、現役最強の「劇弾男」と言えるだろう。2人はともに通算200本台の右打者で、300本台の左打者を抑えて上位。そういえば先週飛び出した6本も全て右打者だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月7日のニュース