マー君 開幕待望論に「一年を通して健康に投げ続けることが目標」

[ 2015年3月24日 05:30 ]

ブルペンで投球練習を行うヤンキース・田中

 ヤンキースの開幕投手候補、サバシアがメッツ戦でオープン戦2度目の先発。ランニング本塁打を含む3発を浴びるなど2回2/3を投げ、5安打4失点だったが、「直球だけうまくスイングされた。配球は不満が残る。でも去年より数段、感触はいい」と振り返った。

 ヤ軍移籍後、6年連続で開幕投手を務めているが、右膝手術明け。今季の開幕投手に関し、ジョー・ジラルディ監督は「これからの状態次第」と明言を控えているが、現地メディアは田中待望論を展開中だ。田中はチームには同行せずタンパで36球のブルペン投球。米メディアからの質問に「開幕に投げられることは凄いこと。でも、僕は一年を通して健康に投げ続けることが目標」と慎重だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース