初出場の奈良大付 敦賀気比に脱帽…エース坂口「すごいなと思う」

[ 2015年3月24日 05:30 ]

<敦賀気比・奈良大付>初戦で敗れた奈良大付ナイン

第87回センバツ高校野球第3日・1回戦 奈良大付0―3敦賀気比

(3月23日 甲子園)
 奈良大付を初の甲子園出場へ導いた最速140キロ右腕・坂口大誠投手(3年)が初戦で散った。プロ注目、敦賀気比の144キロ右腕・平沼との対戦で力量差は浮き彫りになった。6回2/3を被安打8の3失点。10個の空振り三振を奪った平沼とは対照的に、奪三振はゼロ。奪った空振りすら、全116球のうち3球しかなかった。

 「(平沼は)昨夏も経験しているし、余裕があった。すごいなと思う。すべてにおいて向こうが上でした」

 持ち味の制球力は序盤から影を潜めた。2回1死一塁、上田には2ボールとしたところで「置きにいってしまった」と悔恨した外角直球を右中間へ運ばれた。先制の適時二塁打を許すと、3回は平沼の中犠飛で、7回は林中の左犠飛で失点を重ねた。チェンジアップ、スライダーを見極められ「選球眼がよく、空振りをしてくれなかった。厳しい球もファウルにされた」とうめいた。

 部史に新たな1ページを記した今春。出場だけで満足はできない。坂口は「0点に抑えられるような投手になって甲子園に戻ってきたい。夏はここで勝ちたい」と締めくくった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース