高橋MAX150キロ2安打11K!県岐阜商“伏兵”の一発で初戦突破

[ 2015年3月24日 12:59 ]

<松商学園対県岐阜商>県岐阜商の先発・高橋

第87回選抜高校野球大会第4日・1回戦 県岐阜商4―1松商学園

(3月24日 甲子園)
 第87回選抜高校野球大会第4日は24日、甲子園球場で1回戦が行われ、第2試合では2年ぶり28回目の出場となる県岐阜商(岐阜)がプロ注目の右腕・高橋の好投と伏兵の一発で24年ぶり16回目の出場となる松商学園(長野)を4―1で下した。

 県岐阜商は1―1の同点で迎えた4回、2死から2本のヒットで一、二塁とすると、この場面でラストバッターの坂下が左越え3ランを放ち勝ち越しに成功。このリードを最後まで守り切った。

 最速152キロのストレートを誇る先発の高橋は初回にいきなり150キロを記録。守備の乱れをきっかけに2回に失点したが、その後は変化球をうまく織り交ぜ、松商学園の打線に的を絞らせず、2安打11奪三振1失点で完投した。

 約四半世紀ぶりにセンバツの舞台に戻ってきた松商学園は、4回途中で4失点の先発・恩田を諦め、早めの継投で反撃を待ったが、県岐阜商の好投手・高橋を前に打線は沈黙。4回以降は一人の走者も出せなかった。昨秋の公式戦では僅差の試合をものにしてきた古豪は初戦で姿を消した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース