大曲工 エースで4番・武田が完投&決勝打!初の甲子園で逆転勝ち

[ 2015年3月24日 10:45 ]

<大曲工・英明>大曲工先発の武田

第87回選抜高校野球大会第4日・1回戦 大曲工4―1英明

(3月24日 甲子園)
 第87回選抜高校野球大会第4日は24日、甲子園球場で1回戦が行われ、初出場同士の対戦となった第1試合は大曲工(秋田)が、エースで4番の武田の投打にわたる奮闘で英明(香川)に4―1で逆転勝ち、2回戦へ駒を進めた。秋田県勢はセンバツ9年ぶりの勝利。大曲工は第7日第3試合で浦和学院(埼玉)と対戦する。

 昨秋東北大会準優勝の大曲工は1点を追う6回1死二塁から佐々木駿の左前適時打で追いつくと、2死一、二塁となって武田の中前適時打で逆転に成功した。7回にも2死から連打で二、三塁の好機を作り、再び佐々木駿が左前に2点適時打を放ちリードを広げて快勝、東北大会で見せた粘りを初の甲子園でも発揮した。

 投げてはエースの武田が初回失点以後は、4回2死満塁、5回1死二塁のピンチを踏ん張って完投、春夏通じ初の甲子園で1勝を挙げた。

 昨秋四国大会優勝の英明は初回に湊の左前適時打で先制したが、4、5回の好機に追加点が奪えず、エース左腕の田中も勝負どころで踏ん張り切れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース