開幕決定のメッセ あと54奪三振で伝説バッキー超え「自分の背番号」

[ 2015年3月24日 07:45 ]

コマネチ!のメッセンジャー(左)に関係者も苦笑い

 和田監督から開幕投手を明言された阪神・メッセンジャーが、球団助っ人の通算奪三振記録の更新に意欲を見せた。現在、745個でトップに立つバッキーの799にあと54と迫っており、金字塔を見据えた。

 「(54は)自分の背番号だからね。良い数字だ」

 自身の背番号で始まるカウントダウンに気を良くしたのだろう。3、4月で登板が予想される5試合でのスピード達成にも「5試合ぐらいでね。そうなれば良いと思う」と自信を見せた。

 昨年、226個で2年連続リーグ奪三振王のタイトルを獲得。昨季の奪三振率は9・76で来日以降、確実に数字を上げている。4月までの5試合全てで10個以上の「K」を積み重ねることも可能と見られる。2ケタ奪三振もここまで10度記録しており、リーグ最多の11度をマークしたメイ(阪神、巨人)に肉薄。一気に歴史に名を刻む機会でもある。

 頂点に君臨することには「もちろん嬉しい。やるからには一番良い選手になりたい。(今後も記録を上回る選手が)出てこない方が嬉しい。誰も届かない方が良い」と満面の笑みを浮かべた。昨年は球団の外国人投手では68年のバッキー以来となる2試合連続完封を達成しており、今季は「レジェンド超え」に挑む。

 27日の開幕戦に向け、最終調整となった20日のオリックス戦(京セラ)では5回5失点も「開幕に向けて準備をしていくだけ」と問題なしを強調した。

 「開幕するのは楽しみだ。キャンプ中から早く始まってほしいと思っていたんだ」。背番号54が溜めに溜めた力を解き放ち、「K」の山を積み上げていく。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース