浦学・荒木 ランエンドヒットでV打!延長11回均衡破る

[ 2015年3月24日 05:30 ]

<龍谷大平安・浦和学院>延長11回2死二塁、浦和学院・荒木は左前に決勝の適時打を放つ

第87回センバツ高校野球第3日・1回戦 浦和学院2―0龍谷大平安

(3月23日 甲子園)
 浦和学院7番の荒木が決勝打を放った。延長11回2死二塁から左前に運び「絶対に打ってやろうと。食らいついていった」と胸を張った。

 二塁走者がスタートを切るランエンドヒットの形になり、ベースカバーに入ろうとした三塁手の逆を突いた。9回無死一塁では8番・西野がバント失敗で併殺。森士(おさむ)監督は11回無死一塁の場面を振り返り「迷った」と言う。それでも犠打で走者を進め、均衡を破った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース