緒方監督フライング 開幕1番は鈴木誠、三里は梵

[ 2015年3月24日 05:30 ]

開幕を直前に控え、トークで火花を散らす(左から)中畑監督、緒方監督、原監督

ファンミーティング

(3月23日)
 広島・緒方監督は23日、都内で開催された「セ・リーグ ファンミーティング2015」に出席し、開幕戦では1番打者として3年目の鈴木誠を起用する方針を示した。

 「出して良かったのかな。まだ(最終的に)決めてないんだけど…。可能性が高いということ」

 イベント後の会見では苦笑いだったが、構想が揺らぐことはない。場の空気で勢い余ってしまった感はあるが、今季の戦う形をファンに、他球団に宣言。鈴木誠はオープン戦全12試合に出場。打率・205ながら随所に素質の片りんを見せ、指揮官も「トップバッターはチームの顔。どういう成績を残してくれるか楽しみです」と付け加えた。

 また、当初は「5番・三塁」での起用を予定していた新井について、右ひじ関節炎の影響もありベンチスタートを明言。梵を三塁で起用する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月24日のニュース