レンジャーズ ロッキーズ捕手獲得に動く 来季はダルの女房役?

[ 2014年12月10日 17:46 ]

 米メディアは9日、レンジャーズがロッキーズと接触してトレードでウィリン・ロサリオ捕手(25)の獲得を狙っていると報じた。

 ドミニカ共和国出身のロサリオは06年にロッキーズと契約すると、11年にメジャーデビュー。12年にはロッキーズの捕手最多本塁打記録となる28本塁打をマークした。
今季は106試合に出場して打率2割6分7厘、13本塁打、54打点とやや不本意なシーズンとなったが、そのパンチ力は魅力だ。

 12年から今季まで3年連続でロッキーズの正捕手としてマスクをかぶっているが、以前よりそのお粗末な守備を指摘されており、今季はパスボール12、盗塁阻止率に関しては1割5分9厘とほめられたものではない。

 かねてから右打者を探しているレンジャーズはロサリオを指名打者として考え、今回のトレードを企てているようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース