王会長ホッ「一歩前進だね」7イニング制導入にも柔軟姿勢

[ 2014年12月10日 05:30 ]

パーティの冒頭にあいさつをする王会長

 ソフトバンク・王貞治会長は優勝旅行先のハワイで、2020年東京五輪で野球・ソフトボールが復活する可能性が出てきたことについて「一歩前進だね」と素直に喜んだ。

 さらに「野球は施設を(新たに)造らなくていい。(五輪終了後も)壊さなくていい」とメリットも挙げた。「7イニング制」の導入が議論されていることには「違和感はある。ただ、バレーボールも9人制から6人制になった」と柔軟な姿勢を示していた。

 ▼広島・丸 子供たちの野球離れもある。復活すればうれしい。

 ▼広島・野村 世界と戦えるチャンスが増える。野球選手であれば一つの目標。

 ▼オリックス・松葉 野球は人気スポーツ。復活してくれれば今以上に人気が集まって僕たちも頑張っていける。

 ▼オリックス・伊藤 もともと五輪のメダリストに憧れがあった。復活してほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース