DeNA西森は110万円増 来季へ危機感あらわ「進退を懸ける」

[ 2014年12月10日 11:07 ]

 DeNAの西森将司捕手(26)が10日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、495万から110万増の605万でサインした。

 3年目の西森は今季、5月1日にプロ初先発マスクをかぶるなど抜てきされたものの、チャンスをつかみ切れず、12試合に出場しただけに終わった。

 それだけに西森は「4月の終わり頃スタメンで使ってもらったけど、チャンスをつかめなかった。そうそうチャンスはないと思うけど、来年はチャンスをつかめるように頑張りたい」と語り、来季についても「来年1年で僕の野球人生がかわるぐらいのつもりでいる。進退を懸けるじゃないですけど、クビになってもおかしくないので」と危機感をあらわにしていた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース