メジャー最速男 レッズ・チャップマンにトレード報道

[ 2014年12月10日 12:04 ]

レッズのアロルディス・チャップマン投手 (AP)

 米メディアは9日、レッズの守護神であるアロルディス・チャップマン投手(26)がトレードに出される可能性があると報じた。

 キューバ出身のチャップマンは同国代表選手として活躍後、10年にレッズと契約。同年9月24日のパドレス戦では史上最速となる169キロをマークした剛速球投手で、12年からはクローザーを任され、これまでに通算113セーブを記録している。今季も54試合に登板して36セーブ、防御率2・00とチームに貢献したチャップマンだが、このオフ、レッズは今季固定できなかったレフトを守れる選手を探している。

 そこで、にわかに現地で話題となっているのがマーリンズのレフトを守り、今季ゴールドグラブ賞を獲得したイエリチとの交換トレード。マーリンズはすでにシーシェクがクローザーを務めているが、もしチャップマンを獲得できれば、シーシェクをセットアッパーとして起用でき、ブルペンを強化したいというチームの意向とも合致する。

 また、チャップマンはオフになるとマーリンズの本拠地であるフロリダで生活しており、この地は同郷のキューバ人が多いことから、このトレード話はあり得なくもないとのことだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース