DeNA大田 前回と同額300万円減でサイン「来季は50試合を」

[ 2014年12月10日 16:24 ]

 DeNAの大田阿斗里投手(25)が10日、横浜市内の球団事務所で2度目の契約更改交渉を行い、前回と同額の300万円減の950万円でサインした。

 大田は「やっぱり自分はまっすぐを投球の基準にしないといけない投手だと思う。今年はぶれたところがあったので、来年はもう1度そこに重きを置いてやって行きたい」と反省。

 昨季は38試合に登板したものの、飛躍が期待された7年目の今季は、4月にわずか3試合の登板に終わっただけに「来年できなかったらもう終わりだと思っている。50試合登板を目標にやりたい」と誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース