ダルビッシュ、キャッチボール再開…15メートル間25球

[ 2014年12月10日 05:30 ]

レンジャーズのダルビッシュ

 右肘の炎症で8月に戦列を離れたレンジャーズのダルビッシュがキャッチボールを再開したと発表した。

 約15メートルの距離で25球を投げたという。ダルビッシュは8月中旬に故障者リスト(DL)入り。その後の登板はなく、10勝7敗でメジャー3年目を終えた。11月25日に磁気共鳴画像装置(MRI)による精密検査を受け、順調な回復具合を示していた。今後は週3回のペースでキャッチボールを行う予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月10日のニュース