日米野球 ライアン小川に代わりソフトバンク・武田が出場

[ 2014年11月6日 13:23 ]

 日本野球機構(NPB)はケガのため日米野球の出場を辞退したヤクルト・小川泰弘投手に代わり、ソフトバンク・武田翔太投手が出場すると発表した。

 武田は先月26日の日本シリーズ第2戦(甲子園)に先発。阪神を7回3安打1失点に抑えて勝利に貢献し、3年ぶりの日本一に大きく貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月6日のニュース