中田、スタン、大隣…松坂加入でソフトB強力先発陣に

[ 2014年11月6日 06:45 ]

 ソフトバンクの先発陣は今季、中田とスタンリッジがチーム最多の11勝。エース・摂津は4年連続2桁の10勝を挙げたものの、右肩筋疲労の影響もあり、規定投球回数には及ばなかった。

 寺原、ウルフは右膝、右肘の手術で離脱し、東浜、岩崎ら若手も伸び悩んだ。その一方で、黄色じん帯骨化症の手術から復帰した大隣がポストシーズンで活躍し、21歳の武田も日本シリーズ第2戦で好投。松坂が加われば、強力な先発陣となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月6日のニュース