巨人・中井 来季はサード一本 村田、ドラ1岡本と定位置争い

[ 2014年11月6日 05:30 ]

ゴロ捕球の基本的なノックを受ける中井

 今季から外野に挑戦していた巨人・中井が、来季はサード一本で勝負する。

 原監督が岡崎2軍監督と話し合い、方針決定。「選手としては円熟期で、勝負しなければいけない年齢。百貨店として生きるか、専門店として生きるかだな」と来季で高卒8年目を迎える24歳に期待を込めた。三塁は村田がレギュラーとして定着。ドラフト1位指名された智弁学園・岡本も指揮官が将来の「4番・サード」候補として英才教育を施す考えだ。中井は、川崎市のジャイアンツ球場で始まった秋季キャンプは2軍スタートとなったが「サードにこだわって、レギュラーを脅かす存在にならないといけない」と意欲を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月6日のニュース